国内食品・飲料10社、人権デューデリジェンス推進で連携

12月5日、キリンホールディングスは、原料や資材の調達活動における人権デューデリジェンスを推進するために、食品・飲料業界10社で発足する「食品&飲料業界のバイヤー会員Sedexワーキングチーム」への参画を発表した。

今年、経産省から「責任あるサプライチェーンにおける人権尊重のためのガイドライン」が公表され、今後、日本企業においてもサプライチェーンにおける人権デューデリジェンス推進が予想されることから、業界での協働に至った。

本ワーキングチームは、情報共有の取り組みや、サプライヤーの加入促進、2023年1月にはサプライヤー向け合同説明会の開催を計画するなど、サプライチェーンにおける人権課題の推進に向けて動いている。参画企業は、味の素、アサヒグループホールディングス、キッコーマン、キリンホールディングス、サッポロホールディングス、サントリーホールディングス、J-オイルミルズ、ニチレイフーズ、ハウス食品グループ本社、ロッテ。

キリンは、サプライチェーンにおける「労働条件を管理・改善する」ためのオンラインプラットフォームを提供する「Sedex」に2022年2月から加入している。J-オイルミルズとサントリーが2019年、アサヒグループが2020年、ロッテが2021年にそれぞれ加入した。

【参照ページ】
Supplier Ethical Data Exchange(Sedex)に加盟する食品・飲料10社とともに、人権デューデリジェンスを推進するワーキングチームを結成

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る