日本製鉄、君津工場でシアン流出の未報告発覚

日本製鉄、君津工場でシアン流出の未報告発覚

8月18日、日本製鉄株式会社は6月後半から7月前半にかけて問題視されていた、東日本製鉄所君津地区における排水口からの排水基準を超過するシアンが複数回流出していた問題について、社内調査の結果、過去3年間に複数の報告漏れがあったとことを明らかにした。

6月後半に、コークス炉で発生したガスの洗浄で生じる脱硫液のタンクより3度漏洩が発生した。脱硫液に含有される主な成分はチオシアン酸アンモニウムなどのアンモニア化合物であった。その後の調査によって、 漏洩した排水には排水基準を超えるシアンやT-Nが流出していた。

これを受け、同社では水質汚濁防止法および千葉県条例に基づく水質測定(3ヶ月に1回)のデータを過去5年分、及びその他当社が分析会社に発注した水質測定データを内部調査したところ、複数の報告漏れが発覚した。基準値を超えるシアンは39回検出されていた。

同社は今後、脱硫液のタンクからの漏洩、着色水の構外への流出の原因およびシアンが検出された原因についての調査、排水流出防止措置の強化、東日本製鉄所君津地区の全ての排水口付近や小糸川合流地点の水質分析、周辺環境の観察を行っていく予定だ。

【参照ページ】
東日本製鉄所君津地区における水質測定データの不適切な取り扱いについて
東日本製鉄所君津地区における着色水の構外への流出について

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る