経団連、”インパクト指標”の活用を促す報告書を発表

経団連、”インパクト指標”の活用を促す報告書を発表

6月14日、経団連は”インパクト指標”を活用し、パーパス起点の対話を促進する旨の報告書を発表した。

本報告書では、従来の ESG 投資における「KPI」を一歩進めた、「インパクト指標」に焦点を当てている。インパクト指標とは、「事業や活動の結果として生じた、社会的・環境的な変化や効果を示す指標」である。これらは、企業による革新的な事業/イノベーション等が創出する社会への具体的な貢献度を示すと同時に、異なるステークホルダーが、双方のサステナビリティへの取組みを理解するための橋渡しにもなる。

本報告書では、エッセンス編にて、企業と投資家が対話の際に求める情報やインパクト指標の重要性や利点、具体的な活用例を提示する。また実践編では、インパクト指標を活用する対話に向けた実践上の課題と対策を示している。さらに、今後のインパクト指標を活用する対話の創出・円滑化に向けて、企業と投資家の双方にとって関心が高く、日本の重要課題、そして成長分野として期待されるレジリエンス(SDGs目標11、9)とヘルスケア(目標3)等、84個のインパクト指標例を提示している。

経団連は、本報告書を参考に、企業および投資家とのインパクト指標を活用した対話が促進され、企業によるパーパス起点で明確化されたビジネスモデルの変革に資する事業/イノベーションへの投資の加速、新たな成長事業の実現が一層図られること、また政府や業界団体においても、企業と投資家のサステナビリティに関する自主的な取組みを後押しすることを期待している。

【参照ページ】
“インパクト指標”を活用し、パーパス起点の対話を促進する

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る