中国政府、大気・水・気候に関する新たな目標と対策の強化を発表

中国国務院、大気・水・気候に関する新たな目標と対策の強化

11月7日、中国政府は大気汚染や水質汚染、気候変動に向けた新たな目標を掲げ、対策を徹底すると発表した。政府は、 2030年カーボンピークアウトや2060年カーボンニュートラルの達成に向けた行動を強化する必要があるとした。

今回の発表では、 政府が沿岸地域の水質を最大79%改善すること、大気の重汚染解消、


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2021-11-29

    ENEOSの傘下のJX石油開発、英資源開発事業を売却

    11月26日、ENEOSホールディングス傘下で石油や天然ガスなどの開発を手掛けるJX石油開発は、英…
  2. 2021-11-29

    Citi、Breakthrough Energy Catalystとのパートナーシップを発表

    11月2日、Citiは、2050年までのネット・ゼロ・エミッション達成に向けてクリーン・エネルギー…
  3. LM Wind Power、廃棄物ゼロの風力発電ブレード製造へ

    2021-11-29

    LM Wind Power、廃棄物ゼロの風力発電ブレード製造へ

    11月23日 、GEのリニューアブル・エナジー事業であるLM Wind Powerは、2030年ま…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る