三井住友海上、脱炭素経営支援の開始

三井住友海上火災保険株式会社は6月25日、中堅・中小企業向けの脱炭素経営支援を開始することを発表した。
同社は「2050年カーボンニュートラル宣言」を発表しており、中堅・中小企業が脱炭素経営に取り組む意義やその進め方、CO2排出量の把握、削減目標設定といったアドバイスを含めた支援を行うことを決定した。

三井住友海上火災保険株式会社が実施する脱炭素経営支援は、同社の経営サポートセンターと株式会社ウェイストボックスの連携体制にて実施される。
同社の経営サポートセンターでは、脱炭素経営の進め方についてのアドバイスや、パリ協定が求める水準と整合した温室効果ガス削減目標を設定する企業を認定する国際イニシアティブ「Science Based Targets」の内容およびその取得メリットの説明などを個別もしくはセミナー講演などで行う。

【参照ページ】中堅・中小企業向け脱炭素経営支援の開始について

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-1-24

    気候変動・人権など世界には多様な認証制度が存在!サステナビリティに関する主な認証ラベル・制度:Part2

    こんにちは!ESG Journal Japan編集部です! サステナブルな事業やESG・SD…
  2. 2022-1-24

    英政府、廃棄物の取り締まりを強化する計画を発表

    1月21日、英国における廃棄物産業改革の一環として廃棄物犯罪者の取り締まり強化が発表された。2つの…
  3. ソフトバンク、初のサステナビリティボンドの発行条件を発表

    2022-1-24

    ソフトバンク、初のサステナビリティボンドを発行。成層圏通信プラットフォームに充当

    1月21日、ソフトバンクは、同社として初めてとなるサステナビリティーボンド総額300億円の発行条件…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る