【ESG 企業分析⑫】エーザイが推進するROESG経営!日本企業に足りていない市場へのESG×企業価値訴求

こんにちは!ESG Journal Japan編集部です!

本記事はESG / SDGsに力を入れて取り組んでいる上場会社の事例を取り上げるシリーズになります。

第12弾として、本日はエーザイ株式会社(以下、「エーザイ」)を取り上げたいと思います。また前回公開した「ROEとESGの両立が日本企業の生きる道?今話題のROESG経営とは」とも深く関わってくる内容なので、お時間ある方はこちらの記事もご覧頂くと、より理解が進むと思います。

エーザイについて

神経領域とがん領域を重点領域とする製薬会社。世界のほぼ全地域に進出。医薬品アクセス向上にも取り組む。重点領域に集中的に経営資源を投入。また2021年6月8日、アルツハイマー病の病理に作用する治療薬ADUHELM™(アデュカヌマブ)の承認を米国FDAより取得したことを発表

出所:SPEEDAをベースにESG Journal Japan加筆

CSR/ESGにおける対外的評価

優れた統合報告書(GPIF調査):複数運用機関が選定
改善度の高い統合報告書(GPIF調査):1運用機関が選定
優れたコーポレート・ガバナンス報告書2019(GPIF調査):4運用機関が選定

「優れたコーポレート・ガバナンス報告書」受賞理由


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る