【ESG 企業分析⑫】エーザイが推進するROESG経営!日本企業に足りていない市場へのESG×企業価値訴求

こんにちは!ESG Journal Japan編集部です!

本記事はESG / SDGsに力を入れて取り組んでいる上場会社の事例を取り上げるシリーズになります。

第12弾として、本日はエーザイ株式会社(以下、「エーザイ」)を取り上げたいと思います。また前回公開した「ROEとESGの両立が日本企業の生きる道?今話題のROESG経営とは」とも深く関わってくる内容なので、お時間ある方はこちらの記事もご覧頂くと、より理解が進むと思います。

エーザイについて

神経領域とがん領域を重点領域とする製薬会社。世界のほぼ全地域に進出。医薬品アクセス向上にも取り組む。重点領域に集中的に経営資源を投入。また2021年6月8日、アルツハイマー病の病理に作用する治療薬ADUHELM™(アデュカヌマブ)の承認を米国FDAより取得したことを発表

出所:SPEEDAをベースにESG Journal Japan加筆

CSR/ESGにおける対外的評価

優れた統合報告書(GPIF調査):複数運用機関が選定
改善度の高い統合報告書(GPIF調査):1運用機関が選定
優れたコーポレート・ガバナンス報告書2019(GPIF調査):4運用機関が選定

「優れたコーポレート・ガバナンス報告書」受賞理由


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    2022-6-28

    低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    6月24日、低炭素建築技術企業のVestackは、成長の加速、増産、研究開発の資金調達を目的として…
  2. Neste・ATR・Braathens、100%持続可能な航空燃料による初フライトを実施

    2022-6-28

    Neste・ATR・Braathens、SAFを使用した初フライトを実施

    6月21日、再生可能燃料供給会社Neste、リージョナル航空機メーカーATR、スウェーデンの航空会…
  3. G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    2022-6-28

    G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    6月26日、ドイツで開催されたG7サミットで、主要先進国の首脳は、主に途上国に焦点を当てた「質の高…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る