ICCR、株主の権利を大幅制限したルールの撤回を求め提訴

米宗教系機関投資家団体、株主の権利を大幅制限したルールの撤回を求め提訴

企業の社会的責任を擁護する協会であるICCR(Interfaith Center on Corporate Responsibility)は6月15日、前トランプ政権下の証券取引委員会(SEC)が株主提案を行う株主の権利を大幅制限したルールの撤回を求め、コロンビア特別区の連邦地方裁判所に提訴した。

前トランプ政権は、ESG投資により株主提案が積極化することを封じ込めるため、同一提案を複数年度繰り返すことを難しくするルールや、株主提案が可能な株主を限定するルール「修正14a-8」を導入した。

ICCRには現在、300以上の機関投資家が加盟しており、運用資産総額は約4兆米ドル(約440兆円)にのぼる。

【参照ページ】Investors File Lawsuit to Overturn Trump-Era SEC Rule Revision that Would Significantly Curtail Shareholders’ Voice in Corporate Governance

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-1-19

    Commerz VenturesやCiti Ventures、消費者向けカーボンフットプリント追跡ソリューションプロバイダーに出資

    1月17日、ストックホルムに拠点を置くカーボンフットプリント追跡ソリューションプロバイダーのDoc…
  2. 2022-1-19

    非営利団体Bonsucro、サトウキビの生産基準認証を改訂。生物多様性などグローバルリスクに対応

    1月17日、持続可能なサトウキビの促進を目指す国際的な非営利団体であるBonsucroは、サトウキ…
  3. 2022-1-19

    滋賀県、地方公共団体初のサステナビリティ・リンク・ボンドを発行。排出量削減の目標未達で金利以外の罰則規定も

    1月18日、滋賀県は二酸化炭素排出削減の目標達成を投資家に約束する「サステナビリティ・リンク・ボン…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る