日本郵船、LNG燃料の自動車運搬船建造へ

日本郵船は国内造船会社2社と覚書を交わし、2025年以降に向け、LNG(液化天然ガス)を燃料とする自動車運搬船12隻を新たに建造することになった。海運会社として世界最多のLNG自動車運搬船を保有することを目指す。

LNG燃料は従来の重油燃料と比べて、二酸化炭素の排出量を約40%減らせるとしていて、2050年までに会社全体の排出量を2015年の半分に減らしたい考えだ。

日本郵船株式会社の長澤仁志社長は6月15日、会見で「事業者として努力を怠ってはならない。環境に優しい船の開発に少しでも役に立ちたい」と述べた。

【参照ページ】日本郵船 脱炭素に向け LNG燃料の自動車運搬船建造へ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 北米の大手銀行、共同で気候変動リスク管理基準を策定

    2022-1-18

    北米の主要大手銀行19行、コンソーシアムを立ち上げ気候変動リスク管理基準を策定

    1月12日、Bank of America、Wells Fargo、Royal Bank of C…
  2. Carlyle、クリーンエネルギー貯蔵とEVインフラ技術企業へ1億ドル超の投資を発表

    2022-1-18

    カーライル、クリーンエネルギー貯蔵とEVインフラ技術企業へ114億円超の投資を発表

    1月14日、グローバルな民間資本投資会社であるCarlyleグループは、コミュニティ規模のクリーン…
  3. bpとオマーン、「世界最高水準」の再生可能エネルギーとグリーン水素の開発を計画

    2022-1-18

    bpとオマーン、「世界最高水準」の再生可能エネルギーとグリーン水素の開発を計画

    1月17日、エネルギー大手bpはオマーンのエネルギー鉱物資源省と新たなパートナーシップを結び、20…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る