SDGsへの取り組み強化~日本旅行が目指すサステナブル・ツーリズムとは~

SDGsへの取り組み強化~日本旅行が目指すサステナブル・ツーリズムとは~

 1905年に日本初の旅行会社として、滋賀県草津町(現・草津市)で創業した株式会社日本旅行。2019年12月24日に日本の旅行業界として初となる「SDGs宣言」を行い、持続可能なツーリズムを実現するため「人」「風景」「文化」をテーマに、観光資源とそこに暮らす人々の幸福、そこから生まれる文化の豊かさを守ることを掲げた。

 2020年1月には、SDGsチームが発足し社内により深いSDGs宣言を理解を促す活動をする一方、食事代の一部をアジア・アフリカの子どもたちの給食へ寄付されるTFT(Table for Two)活動をツアーに組み込む提案やJRセットプラン「Carbon-Zero」オプションにより新幹線のCO2排出量をオフセットできるプランを造成。旅を通して今できる事を考えながらSDGs達成に取り組んでいる。

【参照ページ】 SDGsへの取り組み強化~日本旅行が目指すサステナブル・ツーリズムとは~

【参照ページ】 日本旅行の取り組みについて

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-1-24

    気候変動・人権など世界には多様な認証制度が存在!サステナビリティに関する主な認証ラベル・制度:Part2

    こんにちは!ESG Journal Japan編集部です! サステナブルな事業やESG・SD…
  2. 2022-1-24

    英政府、廃棄物の取り締まりを強化する計画を発表

    1月21日、英国における廃棄物産業改革の一環として廃棄物犯罪者の取り締まり強化が発表された。2つの…
  3. ソフトバンク、初のサステナビリティボンドの発行条件を発表

    2022-1-24

    ソフトバンク、初のサステナビリティボンドを発行。成層圏通信プラットフォームに充当

    1月21日、ソフトバンクは、同社として初めてとなるサステナビリティーボンド総額300億円の発行条件…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る