金鉱山大手Newmont、鉱業界初のサステナビリティ・リンク債の発行を開始

金鉱山大手Newmont、鉱業界初のサステナビリティ・リンク債の発行を開始

12月6日、金鉱山大手のNewmontは、鉱業界初となるサステナビリティ・リンク債の発行を発表した。本債券は、同社の気候変動やダイバーシティに関する目標に連動した負債コストを設定する。

サステナビリティ・リンク債は、サステナビリティ・ファイナンスの手法として、発行体のサステナビリティ・ターゲットの達成度に連動した利払いなどの属性を持つ商品である。ムーディーズESGソリューションズが最近発表したレポートによると、サステナビリティ・リンク債市場は、急速に拡大するサステナブルファイナンス市場の中でも最も成長している分野であり、2021年第3四半期末時点での世界の累計発行額は620億ドル(約7兆円)に達し、2020年全体で発行された90億ドル(約1兆円)を上回っている。

Newmontの新募集では、社債のクーポンは、同社の2030年の排出量削減目標および上級指導者における女性の代表率目標に連動し、目標が達成されない場合は金利が上昇する。Newmontは、2030年までにスコープ1および2の排出量を32%、スコープ3の排出量を30%削減することを約束しており、同様に2030年までにマネジメントに占める女性の割合を50%にすることを約束している。

今回の募集では、BMO Capital Markets、Credit Suisse、Goldman Sachs、J.P. Morganがジョイント・ブックランナーを務め、Credit Suisseはサステナビリティ・リンク・ボンドの組成アドバイザーも務める。

【参照ページ】
(原文)Newmont Announces Proposed Offering of Sustainability-Linked Senior Notes
(日本語訳)ニューモント社、持続可能性にリンクしたシニアノートの提案を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る