クレディ・スイスとJPモルガン、サステイナブル・ニュートリション・ファンドを設立

クレディ・スイスとJPモルガン、サステイナブル・ニュートリション・ファンドを設立

クレディ・スイスとJ.P.モルガン・アセット・マネジメントは、栄養、健康、生物多様性、気候の関連性に取り組む企業への投資を目的とした「 Credit Suisse JPMorgan Sustainable Nutrition Fund」の設立を発表した。

この新しいファンドは、今年初めに両社がパートナーシップを結び、栄養に焦点を当てた

持続可能な投資戦略を開発したことを受けたもので、世界の温室効果ガス排出量の20%を食料システムが占め、世界の淡水消費量の90%以上を占めているという世界最大の健康・環境問題への取り組みを支援するものだ。

クレディ・スイスのサステナビリティ・リサーチ&インベストメント・プロダクツのCEOであるライディ・ハドソンは、次のように述べている。

「クレディ・スイスとJ.P.モルガン・アセット・マネジメントは、持続的なポートフォリオ価値を構築しながら、財務的な成果と目的達成のための成果の両方を提供することを約束します。このファンドが非常に興味深いのは、魅力的な投資収益を追求しながら、栄養業界に関連する気候変動の問題に対処する必要性を効果的に組み合わせている点です。」

この新しいUCITSファンドは、2億5,000万ドル以上の運用資産で立ち上げられ、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の第2項(飢餓の撲滅)と第13項(気候変動対策)をターゲットとし、特にフードシステムの炭素集約度を下げる企業に焦点を当てている。

J.P.モルガン・アセット・マネジメントのサステイナブル投資部門のグローバルヘッドであるジェニファー・ウーは、次のように述べている。

「より持続可能な世界経済への移行に伴い、持続可能な栄養への取り組みは、この移行の中心となるべきです。この新しい戦略は、より健康的な未来に積極的に貢献しようとするもので、フードバリューチェーンにおける現在の非効率性に対処し、フードシステムの炭素集約度を下げ、最終的にはより健康的な食生活を可能にしようとしている企業に投資します。」

本ファンドでは、栄養問題を解決するために、垂直農法、植物性タンパク質、食品検査など、食品の栽培・加工から消費に至るまでのバリューチェーン全体を対象とした中小型の革新的な企業に焦点を当てる。またファンドの主要なサブテーマは、持続可能な農業、効率的な食品プロセス、持続可能で健康的な食生活となっている。

【参照ページ】
(原文)Credit Suisse launches nutrition fund in partnership with J.P. Morgan Asset Management
(日本語訳)クレディ・スイスとJPモルガン、サステイナブル・ニュートリション・ファンドを設立

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る