UBSとロックフェラーAM、ブルーエコノミー特化型のファンド設立

5月29日、UBSグローバル・ウェルス・マネジメント(GWM)とロックフェラー・アセット・マネジメントは、UBSロックフェラー・オーシャン・エンゲージメント・ファンドの立ち上げを発表した。新ファンドは、ブルーエコノミーを重点に置いた、アクティブ運用の株式ファンドである。

新ファンドは、中小型株とバリュー株に重点を置き、約50銘柄をポートフォリオに組み入れる。その目的は、一貫した投資と株主エンゲージメント・プロセスを通じて海洋の健全化に良い影響を与えるとともに、主に公開株式と株式型証券に投資し、テーマ戦略を追求することにより、長期的な実質リターンを追求することである。

新ファンドでは、ロックフェラーがポートフォリオ・マネージャーを務めるとともに、科学・政策アドバイザーであり世界中の海洋環境の保全に取り組むNPOであるオーシャン・ファウンデーションと協力し、海洋と気候の繋がりに関連する傾向を特定する専門知識を提供する。

【参照ページ】
(原文)UBS launches ocean engagement fund in collaboration with Rockefeller Asset Management
(日本語参考訳)UBS、ロックフェラー・アセット・マネジメントと協力して海洋エンゲージメント・ファンドを立ち上げる

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る