Ceres、CA100+から100人以上の投資家離脱で声明

2月22日、米ESG投資推進NGOのCeresは、気候変動に焦点を当てた世界最大の投資家参加イニシアティブ「クライメート・アクション100+(CA100+)」への参加について、複数の投資家が脱退または参加レベルの変更を決定したことに関し声明を発表した。

CA100+は、Ceresがコーディネートしている5つの投資家ネットワークの1つ。CA100+の投資家が関与する企業の大半は、2050年またはそれ以前にネット・ゼロ・エミッション達成を誓約するだけでなく、気候関連のリスクと機会について取締役会委員会による監視を実施し、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の勧告に沿った情報開示を行うことを約束している。

Ceresは、本声明で、異常気象がますます頻発し、激しさを増す中、気候危機に対する野心的な行動の必要性は、これまで以上に緊急性を増していると言及。投資家も企業も、壊滅的なレベルの世界気温上昇を回避するために、この10年間でGHG排出量を半減させるべく、それぞれの役割を果たさなければならないとした。

2023年6月に開始されたCA100+第2段階の戦略は、投資家が参加できる方法を拡大するもので、特に企業の気候情報開示と気候変動移行計画の実施に重点を置いている。本フェーズを発表して以来、新たに60以上の投資家が本イニシアティブに参加した。

Ceresは、CA100+のようなイニシアティブを通じた協力的な関与は、投資家の法的義務に完全に合致し、米国の独占禁止法、受託者責任法、証券法など、主要市場の規則や規制を遵守した形で行うことができるとした。

【参照ページ】
(原文)Ceres statement on Climate Action 100+ investor departures
(日本語参考訳)Ceres、CA100+から100人以上の投資家離脱で声明

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る