EU理事会、紅海での安全保障作戦「EUNAVFOR ASPIDES」を開始

2月19日、EU理事会は、紅海での安全保障作戦「EUNAVFOR ASPIDES」を開始した。バアブ・アル・マンダブ海峡とホルムズ海峡、紅海、アデン湾、アラビア海、オマーン湾、湾内の国際水域の主要な海上連絡線に沿って活動し、商船の航行の自由を確保する。

ASPIDES作戦は、2023年10月以降、フーシ派による多数の攻撃が国際商船を標的としている海域において、海洋安全保障を守り、特に商船や商業船の航行の自由を確保することに貢献する。本作戦は、防衛的任務の範囲内で、海上の状況認識を提供し、船舶に随行し、海上で起こりうる多領域の攻撃から船舶を保護する。作戦本部はギリシャのラリッサに置かれる。

ASPIDES作戦は、西インド洋と紅海の海上安全保障に貢献するため、EUNAVFOR ATALANTAと緊密に連携するとともに、作戦地域の海上安全保障に貢献する志を同じくするパートナーとも連携する。

2023年10月以来、紅海、アデン湾、アラビア海、オマーン湾で、フーシによる多数の攻撃が船舶を標的にしている。こうした攻撃は商船や商業船の民間人の生命を危険にさらし、国連海洋法条約に明記された公海の自由と国際航海に使用される海峡における通過航行の権利を侵害する。

2024年1月10日、国連安全保障理事会は決議2722号(2024年)を採択し、フーシによる商船および商業船への攻撃を最も強い言葉で非難するとともに、バアブ・アル・マンダブ海峡を通過する商船および商業船を含め、紅海におけるすべての国の船舶の航行権および自由の行使の重要性を強調した。国際法に従い、国連安保理はフーシ派の攻撃の即時停止を要求し、商船および商業船による航行権および自由の行使が尊重されなければならないことを確認し、航行権および自由を損なう攻撃を含む攻撃から自国の船舶を防衛する権利に留意した。

2024年1月29日、EU理事会は、紅海の危機に関連して、航行の自由を守るためのEU海上安全保障作戦の可能性に関する危機管理コンセプトを承認した。同作戦は、2024年2月8日に正式に発足した。

【参照ページ】
Security and freedom of navigation in the Red Sea: Council launches EUNAVFOR ASPIDES

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る