EU、海上安全法制改正で船舶由来の汚染に対処

2月15日、EU加盟国閣僚級のEU理事会とEU下院の役割を担う欧州議会は、「海上安全」法制パッケージの一環として、船舶由来の汚染に関するEU指令の改正で政治的合意に達した。

改正では、現行のEU指令の適用範囲を拡大し、容器・包装、生活排水、ごみ、汚水、ゴミ、排水、残留物の違法排出にも適用する。各国当局が、欧州の全海域で船舶を原因とする汚染事故に対し、一貫した制裁を課すことができるようになる。EU理事会と欧州議会での協議では、欧州委員会の原案に対し、船舶汚染防止国際条約(マルポール条約)の規則や手続との明確性と一貫性を確保するための修正を実施した。

さらに、各EU加盟国の刑法に鑑み、新たな環境犯罪指令案に明記された刑事処罰制度から行政処罰制度を分離し、行政処罰制度のみを当該EU指令の対象とした。その他にも、欧州海域における汚染違反と科された罰則に関する情報をオンラインで入手できるようにし、規制の透明性を向上させる。人工衛星監視による警告後、沿岸当局が汚染の可能性をどのように検証したかに関する情報もオンラインで入手できるようにする。今後、双方での立法手続に入る予定だ。

【参照ページ】
(原文)Maritime safety: Council and Parliament strike a deal to ensure cleaner shipping in the EU

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る