EU加盟国閣僚級のEU理事会と欧州議会、CSRD改正で2年の延期合意

EU加盟国閣僚級のEU理事会と欧州議会、CSRD改正で2年の延期合意

2月7日、EUの企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する重要な政治的合意が達成された。EU加盟国閣僚級のEU理事会と欧州議会は、新たに策定されたセクター別欧州サステナビリティ報告基準(ESRS)に基づく開示の開始時期を2年遅らせることで合意した。

CSRDは、企業による持続可能性情報の開示を規定する指令である。2023年7月に予定されていたセクター共通のESRSの策定に加えて、EFRAG(欧州財務報告諮問グループ)はセクター別ESRSとEU域外企業向けESRSの策定にも取り組んでいた。しかし、これらの基準の策定には時間がかかり、期限に間に合わない可能性が浮上した。

そのため、CSRDの適用期限を2024年6月30日から2026年6月30日にまで2年間延期することが決定された。この延期により、CSRDの開示義務を負う企業は、2023年7月に発表されたセクター共通ESRSに集中して開示することができるようになる見通しである。

今後は、EU加盟国閣僚級のEU理事会と欧州議会の間での立法手続が行われることになる。EUの持続可能性報告に関する規制の変更が、企業の持続可能性開示に与える影響について注目される。

【参照ページ】
Council and Parliament agree to delay sustainability reporting for certain sectors and third-country companies by two years

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る