Aira、200億円超を調達 住宅暖房の電化を加速

 

1月16日、クリーンエネルギー技術の新興企業であるAiraは、欧州における電化の加速と住宅暖房におけるガス使用の削減を目的としたシリーズB資金調達ラウンドで1億4500万ユーロ(約233億円)を調達したと発表した。

Airaによると、今回の資金調達ラウンドは大幅な応募超過となり、当初目標の8500万ユーロ(約137億円)から規模が拡大された。

スウェーデンのストックホルムを拠点とするAira社は、2022年にインパクト・カンパニー・ビルダーであるバルガス氏によって設立され、高効率ヒートポンプを含む住宅暖房の電化促進を目的としたクリーンエネルギー技術ソリューションを提供している。

ヒートポンプは、温室効果ガスの排出が少なく、化石燃料への依存を減らすことができるため、炉やエアコンに代わるエネルギー効率が高く、気候変動に優しい重要な選択肢として急速に台頭している。欧州委員会共同研究センターによると、化石燃料を使用した家庭用ボイラーは9000万台近く使用されている。同社によると、ガスボイラーからクリーンエネルギー・ソリューションを備えた空気熱源ヒートポンプに切り替えることで、家庭の暖房費を最大40%削減し、CO2排出量を75%削減できる。

今回の資金調達は、イタリア、ドイツ、英国での市場拡大、欧州の住宅所有者向けの手頃な月払いモデルの導入、インテリジェント・ヒートポンプ、ソーラーパネル、蓄電池、電気料金プランを含む製品・サービスの拡充、使いやすく顧客本位のクリーンエネルギー技術ソリューションの提供を目指した研究開発に充てられるという。

同社はまた、ヒートポンプを生産するポーランドでの最新鋭製造拠点設立のため、ポーランド政府から1,500万ユーロ(約24億円)の助成金を受けることも発表した。

シリーズBラウンドはAltor、Kinnevik、Temasekが主導し、Burdaファミリー、Collaborative Fund、Creades、Lingotto、Nesta Impact Investments、Statkraft Venturesも参加した。

【参照ページ】
(原文)Aira raises €145 million in Series B financing
(日本語参考訳)クリーンエネルギー技術の新興企業Aira、200億円超を調達 住宅暖房の電化を加速

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る