Aira、200億円超を調達 住宅暖房の電化を加速

 

1月16日、クリーンエネルギー技術の新興企業であるAiraは、欧州における電化の加速と住宅暖房におけるガス使用の削減を目的としたシリーズB資金調達ラウンドで1億4500万ユーロ(約233億円)を調達したと発表した。

Airaによると、今回の資金調達ラウンドは大幅な応募超過となり、当初目標の8500万ユーロ(約137億円)から規模が拡大された。

スウェーデンのストックホルムを拠点とするAira社は、2022年にインパクト・カンパニー・ビルダーであるバルガス氏によって設立され、高効率ヒートポンプを含む住宅暖房の電化促進を目的としたクリーンエネルギー技術ソリューションを提供している。

ヒートポンプは、温室効果ガスの排出が少なく、化石燃料への依存を減らすことができるため、炉やエアコンに代わるエネルギー効率が高く、気候変動に優しい重要な選択肢として急速に台頭している。欧州委員会共同研究センターによると、化石燃料を使用した家庭用ボイラーは9000万台近く使用されている。同社によると、ガスボイラーからクリーンエネルギー・ソリューションを備えた空気熱源ヒートポンプに切り替えることで、家庭の暖房費を最大40%削減し、CO2排出量を75%削減できる。

今回の資金調達は、イタリア、ドイツ、英国での市場拡大、欧州の住宅所有者向けの手頃な月払いモデルの導入、インテリジェント・ヒートポンプ、ソーラーパネル、蓄電池、電気料金プランを含む製品・サービスの拡充、使いやすく顧客本位のクリーンエネルギー技術ソリューションの提供を目指した研究開発に充てられるという。

同社はまた、ヒートポンプを生産するポーランドでの最新鋭製造拠点設立のため、ポーランド政府から1,500万ユーロ(約24億円)の助成金を受けることも発表した。

シリーズBラウンドはAltor、Kinnevik、Temasekが主導し、Burdaファミリー、Collaborative Fund、Creades、Lingotto、Nesta Impact Investments、Statkraft Venturesも参加した。

【参照ページ】
(原文)Aira raises €145 million in Series B financing
(日本語参考訳)クリーンエネルギー技術の新興企業Aira、200億円超を調達 住宅暖房の電化を加速

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る