サウスウエスト航空、新たな電動化、燃料削減、サーキュラリティ目標を発表

 

11月15日、サウスウエスト航空は、最新のサステナビリティ戦略「Nonstop to Net Zero」を発表した。本戦略では、2050年までに炭素排出量ネット・ゼロを達成するという目標に向けた航空会社の道筋を示し、電化や燃料節約からプラスチック削減まで、一連の新たな目標を盛り込んだ。

航空会社のサステナビリティ戦略の主要な柱には、燃料および運航の効率化・持続可能な航空燃料(SAF)・地上支援機器の電動化・省エネルギーを通じて炭素排出量に対処することを目的とした「カーボン」、会社運営における調達・リサイクル・アップサイクルを対象とした「サーキュラリティ」、サステナビリティに関するサプライヤーとの関わりや他の組織との提携を含む「コラボレーション」が含まれる。

サウスウエスト航空は、2050年までにネット・ゼロ・エミッションを達成するという目標を掲げており、2030年までに25%、2035年までに50%の炭素排出原単位削減を中間目標としている。また、2030年までにジェット燃料総消費量の10%をSAFに置き換え、2035年までに本社のエネルギー使用指数を50%削減することも目指している。

新戦略の発表とともに発表された新目標には、2030年までにシステム全体で対象となる地上支援設備の50%を電動化すること、2025年までにジェット燃料を5,000万ガロン節約し、2035年までに累計11億ガロン節約すること、2025年までに機内サービスから使い捨てプラスチックを重量比で50%削減し、2030年までに可能な限り機内サービスから使い捨てプラスチックを排除することなどが含まれる。

新たな目標に加え、サウスウエスト航空は、サプライヤーのESGパフォーマンスを評価するため、ビジネス・サステナビリティ・レーティング・プロバイダーのEcoVadisを活用し、同社のサプライヤー行動規範との整合性を確保するなど、サプライチェーンにおけるサステナビリティをターゲットとした取り組みを発表した。

【参照ページ】
(原文)Southwest Airlines Announces New Environmental Sustainability Goals on its Path Toward Net Zero Carbon Emissions by 2050
(日本語参考訳)サウスウエスト航空、新たな電動化、燃料削減、サーキュラリティ目標を発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る