サウスウエスト航空、新たな電動化、燃料削減、サーキュラリティ目標を発表

 

11月15日、サウスウエスト航空は、最新のサステナビリティ戦略「Nonstop to Net Zero」を発表した。本戦略では、2050年までに炭素排出量ネット・ゼロを達成するという目標に向けた航空会社の道筋を示し、電化や燃料節約からプラスチック削減まで、一連の新たな目標を盛り込んだ。

航空会社のサステナビリティ戦略の主要な柱には、燃料および運航の効率化・持続可能な航空燃料(SAF)・地上支援機器の電動化・省エネルギーを通じて炭素排出量に対処することを目的とした「カーボン」、会社運営における調達・リサイクル・アップサイクルを対象とした「サーキュラリティ」、サステナビリティに関するサプライヤーとの関わりや他の組織との提携を含む「コラボレーション」が含まれる。

サウスウエスト航空は、2050年までにネット・ゼロ・エミッションを達成するという目標を掲げており、2030年までに25%、2035年までに50%の炭素排出原単位削減を中間目標としている。また、2030年までにジェット燃料総消費量の10%をSAFに置き換え、2035年までに本社のエネルギー使用指数を50%削減することも目指している。

新戦略の発表とともに発表された新目標には、2030年までにシステム全体で対象となる地上支援設備の50%を電動化すること、2025年までにジェット燃料を5,000万ガロン節約し、2035年までに累計11億ガロン節約すること、2025年までに機内サービスから使い捨てプラスチックを重量比で50%削減し、2030年までに可能な限り機内サービスから使い捨てプラスチックを排除することなどが含まれる。

新たな目標に加え、サウスウエスト航空は、サプライヤーのESGパフォーマンスを評価するため、ビジネス・サステナビリティ・レーティング・プロバイダーのEcoVadisを活用し、同社のサプライヤー行動規範との整合性を確保するなど、サプライチェーンにおけるサステナビリティをターゲットとした取り組みを発表した。

【参照ページ】
(原文)Southwest Airlines Announces New Environmental Sustainability Goals on its Path Toward Net Zero Carbon Emissions by 2050
(日本語参考訳)サウスウエスト航空、新たな電動化、燃料削減、サーキュラリティ目標を発表

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る