欧州理事会、2040年までに大型トラックの排出ガスを90%削減する規則で合意

欧州理事会、2040年までに大型トラックの排出ガスを90%削減する規則で合意

10月16日、欧州理事会は、トラック、バス、トレーラーなどの新型大型車の排出ガス基準に関する規制を強化し、2040年までに90%の排出ガス削減を義務付けるとともに、大型車におけるゼロ・エミッション車の割合増加を促すことを目的とした新規則について合意に達したと発表した。

この合意は、欧州委員会が今年初めに提案した大型車のCO2排出量削減に関するEU議会との交渉において、理事会の交渉姿勢の基礎となる。トラックとバスは、EUにおける温室効果ガス(GHG)排出量全体の6%以上を占め、道路輸送によるGHG排出量の25%以上を占めている。

本規則を提案した当初、欧州委員会は、2030年までに45%、2035年までに65%の新型大型車の排出ガス削減を義務付けることも盛り込んだ。新目標は、2050年までに気候変動に左右されない経済を実現するEU戦略である「欧州グリーン・ディール」や、ロシアの化石燃料への依存をなくすEUの計画である「REPowerEU」など、いくつかのEUの目標に合致するものである。欧州委員会は、新基準の導入により、2031年から2050年の間に輸入石油の需要が約20億バレル減少すると述べた。

理事会の合意見解は、欧州委員会の主要な排出削減目標を維持する一方、新規則にいくつかの変更を提案した。その中には、一部の加盟国が非現実的なスケジュールであると主張していた都市バスのゼロエミッション義務化の目標を2030年から2035年に延長する一方、2030年の暫定的な85%削減目標を導入することも含まれていた。

理事会はまた、欧州委員会に対し、2027年の調査において、再生可能燃料とカーボンニュートラルなe燃料を車両移行ミックスに含めることを可能にする炭素補正係数(CCF)の導入が果たす潜在的な役割について評価するよう求めることを盛り込んだ。

【参照ページ】
Council agrees on new rules to strengthen CO2 emission standards for heavy-duty vehicles

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る