サプライヤー・ダイバーシティ推進組織BDR、史上最多の7社が加盟

8月10日、サプライヤー・ダイバーシティを推進する企業支援組織ビリオンダラー・ラウンドテーブル(BDR)に新たに7社が加盟した。加盟企業は、アボット、アマゾン、ブリストル・マイヤーズ・スクイブ、キャタピラー、シティ、デューク・エナジー、エクソンモービル。

本加盟数は、2001年にBDRが設立されて以来、単年度で最多となる。2022年以降に加盟した11社を含め、会員数はBDR史上最多の39社となった。

2001年に設立されたBDRは、多様なサプライヤーと年間10億ドル(約1,500億円)以上の取引を行っている米国企業で構成される非営利団体である。BDR会員企業は、会員の条件として、多様なサプライヤーと年間10億ドル(約1,500億円)以上のサプライヤー費用をマイノリティ企業に支払う。入会式は、シカゴで開催されたBDRのサプライヤー・ダイバーシティ・ベストプラクティス・サミットの一環として行われる。

2022年までの加盟企業は、アディエント、アップル、AT&T、エイビス・バジェット・グループ、バンク・オブ・アメリカ、ボーイング、CDW、コムキャストNBCユニバーサル、カミンズ、CVSヘルス、デル、エンタジー、エクセロン、フォード、ゼネラルモーターズ、グーグル、ホンダ・ノースアメリカ、IBM、ジョンソン・エンド・ジョンソン、JPモルガン・チェース、カイザー・パーマネンテ、クローガー、メルク、メタ・プラットフォームズ、マイクロソフト、パシフィック・ガス・アンド・エレクトリック、プロクター・アンド・ギャンブル、ステランティス、ホーム・デポ、北米トヨタ自動車、ベライゾン、ウォルマート。

【参照ページ】
(原文)BILLION DOLLAR ROUNDTABLE INDUCTS SEVEN NEW MEMBERS
(日本語訳)サプライヤー・ダイバーシティ推進組織BDR、史上最多の7社が加盟

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る