住宅用クリーンエネルギー企業dcbel、約72億円を調達

住宅用クリーンエネルギー企業dcbel、約72億円を調達

8月17日、スマートホームエネルギーの新興企業dcbelは、同社の双方向住宅充電ソリューション「Home Energy Station」の提供を加速させることを目的としたシリーズB資金調達ラウンドで5,000万ドル(約72億円)を調達したと発表した。

2015年に設立されたモントリオールを拠点とするdcbelは、住宅所有者がソーラーパネル、バッテリー、EVなどの再生可能エネルギー資産を活用して停電を回避し、エネルギー価格のピーク時に費用を節約できるソリューションを提供している。同社のr16ホーム・エネルギー・ステーションは、EVの充電を双方向で可能にし、EVのバッテリーを家庭のバックアップ・エネルギー源として使用できるようにする。

今回の資金調達ラウンドは、エネルギー移行に焦点を当てた投資家であるIdealist Capitalが主導し、ケベック州の金融公社Investissement Québecが参加した。Idealist Capitalの共同経営パートナーであるPierre Larochelle氏がdcbelの取締役に就任する。

【参照ページ】
(原文)dcbel Closes USD $50M+ Series B for its Breakthrough Bidirectional Home and EV Energy Station
(日本語参考訳)住宅用クリーンエネルギー企業dcbel、約72億円を調達

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  2. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
  3. 2024-7-16

    ESMA、ESRSの新たなパブリックステートメントを発表

    7月5日 、欧州証券市場監督局(ESMA)は、欧州サステナビリティ報告基準(ESRS)の初回適用に…
ページ上部へ戻る