SAP、炭素排出量削減のため主要サプライヤーに注力

7月24日、IT世界大手独SAPは、上流のバリューチェーンにおける温室効果ガス(GHG)排出量を大幅に削減するため、主要サプライヤーに対して2024年までに多段階のサプライチェーン・エンゲージメント・プログラムを確立する。本プログラムでは、新しいサステナビリティ分類システムを統合し、調達文書に環境影響基準を組み込むことで、調達プロセス全体に環境への配慮を取り入れる予定。

SAPは、上位100社のサプライヤーと協力して、製品レベルの排出量を報告し、記録することを計画していると発表。2027年までに上位100社のすべてのサプライヤーに、全社的な排出量と、関連する主要製品の製品レベルの排出量を報告してもらうことを目指す。これにより同社は、平均値ではなく実績に基づいて排出量を報告できるようになる。

CO2情報の交換には「SAP Sustainability Data Exchange」を活用する。これにより、サプライチェーンを通じて透明性を高めることができ、スコープ3排出量を大幅に削減するために相互に行動することが可能となる。

【参照ページ】
(原文)SAP Focuses on Key Suppliers to Reduce Carbon Emissions
(日本語参考訳)SAP、炭素排出量削減のため主要サプライヤーに注力

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る