ソーラー技術スタートアップCubicPV、約180億円を調達

ソーラー技術スタートアップCubicPV、約180億円を調達

6月13日、太陽電池メーカーであるCubicPVは、米国工場計画およびタンデム製品ロードマップの支援を目的として、1億300万ドル(約180億円)のエクイティファイナンスを実施したことを発表した。

CubicPVは、米国を拠点とするウエハーメーカーで、最適なソーラーソリューションの提供を目指している。同社のソリューションは、異なる半導体材料を使用した太陽電池を2枚重ねたタンデムモジュールを低コストで生産するダイレクトウェハー技術などにより、従来比30%以上の高効率化を実現している。

今回の資金調達は、CubicPVが2022年12月に発表した、米国における10GWの従来型モノウエハー生産能力の確立計画に続くもので、同社は、米国のインフレ削減法(IRA)が触媒となったと述べている。IRAは、昨年バイデン大統領によって署名された法律で、米国史上最大規模の気候変動に焦点を当てた投資が含まれており、再生可能エネルギーや産業の脱炭素化ソリューションなどの分野に約3,700億ドル(約52兆円)が割り当てられている。また、生産・投資税控除、融資、補助金を通じてクリーンエネルギーや輸送技術の国内製造を加速させるための600億ドル(約8兆円)以上の投資が含まれている。

CubicPVは、計画を発表して以来、プロジェクトの概念設計とスコーピングを完了し、候補地を2カ所に絞り込み、プロジェクト管理会社と契約し、詳細設計を完了する段階にあると述べている。

今回の資金調達は2つのトランシェに分かれており、3,500万ドル(約50億円)はすぐにリリースされ、残りの資金はプロジェクトのマイルストーンに関連している。今回の資金調達はSCG Cleanergyが主導し、Hunt Energy EnterprisesとBreakthrough Energy Venturesが参加した。

【参照ページ】
(原文)CubicPV Receives First Stage of $103M in Equity Financing to Support U.S. Factory Plans and Tandem Development
(日本語参考訳)ソーラー技術スタートアップCubicPV、約180億円を調達

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る