LanzaTechとPlastipak、廃炭素を原料とする世界初のPET樹脂の製造に合意

5月18日、廃炭素を持続可能な燃料、繊維、パッケージングなど、人々が日常生活で使用する製品に変換する炭素回収・変換(CCT)企業であるLanzaTech Global, Inc. (LNZA)と、プラスチック容器の設計、製造、リサイクル企業であるPlastipak Packaging, Inc. (Plastipak) が、世界で初めて炭素排出物を回収して作ったPET樹脂PPK Natura(ナチュラ)を発表した。この樹脂は、食品、パーソナルケア、医薬品のパッケージや、その他の非パッケージング用途に適している。

PETは、食品、飲料、パーソナルケア製品、その他多くの消費財を包装するためのプラスチックボトルや容器に成形されるポリマーである。PET樹脂は、従来から石油由来のモノエチレングリコール(MEG)を30%含んでいる。PPK Naturaは、LanzaTech社のCCTプロセスによるCarbonSmart MEGを利用している。この樹脂は、バージン化石PETの技術的特性を維持しながら、より低いカーボンフットプリント(二酸化炭素排出量)を実現している。

PPK Natura樹脂は、温室効果ガスの排出を削減し、製造工程では土地や食料資源を必要としない。さらに、この材料で作られたパッケージは、使用後に完全にリサイクルでき、炭素を循環的な材料サイクルの中に保つ。

スイスの大手小売企業Migrosとその子会社Mibelle Groupは、スムージー用のペットボトルや、LanzaTechエタノールを主要成分として含む家庭用洗剤の容器の作成など、自社ブランドのパッケージにこのPETを初めて使用した。

LanzaTechの技術プラットフォームは、さまざまな廃棄物を原料として、消費者が日常生活のすべてをバージン化石資源に依存しない未来を創造している。

【参照ページ】
(原文)LanzaTech and Plastipak Partner to Produce World’s First PET Resin Made from Waste Carbon
(日本語訳)ランザテックとプラスチパック、廃炭素を原料とする世界初のPET樹脂の製造に合意

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る