WBCSD、「エネルギー気候シナリオ カタログ バージョン2.0」を発表

3月31日、持続可能な開発のための世界経済人会議 (WBCSD) は、「エネルギー気候シナリオ カタログバージョン2.0」をリリースした。本カタログは、さまざまな可能性のある温度およびエネルギーシステムの結果における依存性と不確実性について概説している。これにより、企業は戦略的な気候レジリエンス評価を実施し、移行経路を探ることができる。

更新された「エネルギー気候シナリオ カタログバージョン2.0」には、主要なシナリオプロバイダー6社による17のシナリオが含まれており、投資、需要、排出量、容量、コスト、価格にわたる変数が含まれている。 カタログにより、長期にわたるシナリオのナビゲーション、比較、探索が可能になる。

バージョン2.0では、シナリオが更新され、最新のシナリオ パブリケーションが反映された。 自動車販売の地域別集計や最終用途部門別の商品需要の集計など、追加のビジネス関連の変数が含まれている。 カタログは、将来のシナリオ開発を組み込むために引き続き更新される。

カタログとともに、Climate Scenario Analysis Reference Approach レポートは、シナリオ分析の取り組みに関するエネルギーフォーラムの理論的根拠、原則、プロセス、および考察を表している。 気候シナリオ分析のビジネス利用を調査し、カタログを使用して選択を行うための原則を概説し、ユースケースの例を示す。

WBCSD は、BASF、BHP、BP、CLP、CRH、EDF、Enel、Engie、Equinor、Holcim、Iberdrola、Skanska (エネルギー フォーラム) を招集し、気候シナリオ分析に対するビジネス関連のアプローチを開発した。 この作業は、気候関連財務情報開示タスク フォース (TCFD) からの勧告、および国際持続可能性基準委員会 (ISSB)、欧州持続可能性報告基準 (ESRS)、および米国証券取引委員会からのガイダンスに応じて実施された。

McKinsey & Company の一部である Vivid Economics は、Energy Climate Scenario Catalog を更新し、主要な方法論的および技術的リーダーシップを提供した。

WBCSDは、企業が TCFD、ISSB、ESRS、および SEC の推奨事項に従って、さまざまな気候関連のシナリオを検討し、戦略的な回復力を評価することを引き続きサポートする。 更新されたリソースは、気候変動対策における WBCSDの戦略的優先事項に沿っており、ESG パフォーマンスに関する資本市場への関与においてメンバー企業をサポートしている。

【参照ページ】
(原文)WBCSD updates the climate scenario analysis tool for companies to leverage in their climate-related financial disclosures
(日本語訳)WBCSD は、企業が気候関連の財務情報開示に活用するための気候シナリオ分析ツールを更新します

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る