フランス政府、「アンチ・フードロス」マークを発表

3月1日、フランス・エコロジー移行・地域結束省、農業・食料主権省、フランス環境エネルギー管理庁(ADEME)、フランス規格協会(AFNOR)は、国定の「アンチ・フードロス」マークを発表した。

フランス政府は、2025年までに食品流通の廃棄物を2015年比で50%削減することを目標としている。流通関係者は、詳細な条件に従って、3日から国家ラベル「反食品廃棄物」を取得できる。1つ星から3つ星まで授与されるラベルの権利を得るために、小売ブランドは仕様を満たす必要がある。

この区別は、貧しい人々を支援する団体への寄付、賞味期限が近づいた製品を識別するためのロジスティクス、顧客へのプロモーション(低価格化、廃棄防止バスケットなど)など、使用する手段にもよる。また、スタッフのトレーニングや第三者による管理運営も考慮される。ラベルの授与は、国が承認した独立した認証機関によって行われる。

本マークの創設は、2020年12月の政令で発表された。第2弾は2024年前半までに予定されている。

【参照ページ】
(原文)Bérangère Couillard dévoile le « label national anti-gaspillage alimentaire 
(日本語参考訳)ベランジェール・クイヤール、「国産食品廃棄物対策ラベル」を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る