WBCSD、食料・農林業関連分野での気候シナリオ分析と移行計画に関する補足ガイダンスを発表

 

2月13日、持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)は、食料・農林業関連分野での気候シナリオ分析と移行計画に関する補足ガイダンスを発表した。

企業が気候変動への対応とその結果を報告するために厳格なアプローチを採用する中、効果的な移行計画が重要な戦略的能力となり、その計画策定に際してシナリオ分析を中核とした情報提供が行われている。

シナリオ分析は、 気候変動の様々な起こりうる未来の下で企業がどのように行動するかを理解し、リスクと機会を適切に評価し、移行計画を策定し、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の勧告に沿った報告を行うために不可欠なツールである。WBCSDは、食品、農業、林業の主要企業13社を招集し、一連の新しい気候変動シナリオを開発した。本シナリオはオンラインの気候シナリオ・ツールで利用でき、ユーザーは特定の変数(例:商品と地域)をナビゲートし、出力データ(例:生産、価格、排出量)を比較、視覚化、ダウンロードできる。

気候シナリオツールには、シナリオの使用例や、シナリオ分析が気候変動に関連するビジネス上の意思決定、戦略、活動にどのように役立つかを説明した「シナリオ分析および適用ガイド」が付属している。

シナリオ分析・活用ガイドの付属書として、移行計画と気候シナリオ分析がある。食品、農業、林業は、気候シナリオツールの開発とその移行計画への応用から学んだことを提示し、気候移行計画の策定とシナリオ分析がどのように情報提供に使用できるかを説明している。

本ガイドは、移行計画を策定するための要件と課題、およびその設計と実施に含まれるべき主要な構成要素についてハイレベルな視点を提供している。本ガイドの対象者は、特にシナリオ分析を活用した移行計画の策定を検討しているビジネス部門や関係者である。

【参照ページ】
(原文)Transition planning and climate scenario analysis: Food, Agriculture and Forest Products
(日本語参考訳)WBCSD、食料・農林業関連分野での気候シナリオ分析と移行計画に関する補足ガイダンスを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る