欧州委員会、新型市バスの2030年ゼロエミッション目標と新型トラックの2040年までの90%排出量削減目標を提案

欧州委員会、新型市バスの2030年ゼロエミッション目標と新型トラックの2040年までの90%排出量削減目標を提案

2月14日、欧州委員会は、2030年以降の新型大型車(HDV)に対する野心的なCO2排出量の新目標を提案した。これらの目標は、運輸部門におけるCO2排出量の削減に寄与する。トラック、市バス、長距離バスは、EU全体の温室効果ガス(GHG)排出量の6%以上、道路輸送によるGHG排出量の25%以上を担っている。このような排出基準の強化は、道路交通部門のこの分野が、ゼロエミッションモビリティへの移行とEUの気候およびゼロ公害目標に確実に貢献することになる。

欧州委員会は、CO2排出量が認証されているほぼすべての新型HDVについて、2019年の水準と比較して、段階的にCO2排出量規制を強化することを提案している。具体的には以下のような目標である。

  • 2030年から45%の排出量削減
  • 2035年から65%の排出量削減
  • 2040年からは90%削減

また、都市部におけるゼロエミッションバスの迅速な導入を促進するため、欧州委員会は、2030年時点ですべての新型の市バスをゼロエミッションにすることを提案している。

欧州グリーン・ディールおよびREPowerEUの目標に沿って、本提案は、輸入化石燃料の需要を下げ、EUの運輸部門におけるエネルギー節約と効率性を高めることにより、エネルギー転換にも好影響を与えることになる。燃料費と総所有コストの削減により、欧州の運輸業者と利用者に利益をもたらし、よりエネルギー効率の高い自動車の普及を保証する。また、特に都市部における大気の質を改善し、欧州人の健康状態を向上させることができる。

さらに、本分野は、欧州のクリーンテクノロジー産業を支え、国際競争力を高めるための重要な分野である。EUはトラックとバスの生産で市場をリードしており、共通の法的枠組みは、将来にわたってその地位を確保するのに役立つ。特に、改訂された基準は、EU産業の革新的なゼロ・エミッション技術への投資を導き、充電・給油インフラの展開を後押しする明確かつ長期的なシグナルを提供するものである。

【参照ページ】
European Green Deal: Commission proposes 2030 zero-emissions target for new city buses and 90% emissions reductions for new trucks by 2040

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る