GEA、CattleEyeと共同でAIを利用した乳牛の跛行早期検知ソリューションを提案

GEA、CattleEyeと共同でAIを利用した乳牛の跛行早期検知ソリューションを提案

1月25日、GEAは、北アイルランドのアグリビジネス企業であるCattleEyeと共同で、牛の跛行を迅速に検出・治療する新しいデジタルソリューションを提供すると発表した。本システムは、カメラと牛の運動パターンを分析するソフトウェアで構成されており、各国の販売組織を通じて、世界中のすべてのGEAの顧客が利用可能だ。

跛行は、酪農場でよく見られる問題であり、その影響は広範囲に及ぶ。動物福祉の低下と獣医費用の高騰に加え、跛行を起こした牛は生産性が低下する。さらに、牛の繁殖が難しくなり、二次的な病気のリスクも高まる。蹄の病気とそれに伴う跛行は、乳牛の死亡原因の第3位であり、農場全体にとって大きな経済的リスク要因となっている。GEAの顧客は、人工知能を活用することで、早期に対策を講じることができるようになった。

跛行検知のために、既存の搾乳システムの上に2Dカメラが設置されている。これにより、搾乳パーラーを出ていく牛を確実にとらえ、定期的に記録する。そして、関連するキャトルアイのソフトウェアが、牛の動きのパターンの異常を評価し、システム内でフラグを立てる。このデータは、スマートフォンやタブレット、PCのアプリからいつでもアクセスすることができる。このようにして、差し迫った跛行や既に発生している跛行を自動的に特定し、適切な治療を行うことができる。GEA Farm Technologiesのデジタルソリューション&サービス担当副社長のHolger Siegwarthは、「このシステムは、牛群の蹄の健康状態を監視するための非常に便利で、何よりも時間を節約できる方法です」と述べている。

【参照ページ】
(原文)DETECT DISEASE FASTER WITH CAMERA AND ARTIFICIAL INTELLIGENCE

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る