WTW、ESG分析プラットフォームを発表

WTW、ESG分析プラットフォームを発表

2月2日、グローバルなアドバイザリー企業であるWTWは、気候、サステナビリティ、その他のESGリスクを企業が理解し、対処できるようにすることを目的とした新しい分析プラットフォーム、ESGクラリファイドを発表した。

この新しいSaaSソリューションは、WTWのRisk Intelligence Quantified(RiskIQ)プラットフォームを通じて利用でき、WTW内部のデータソースや分析を含む外部および独自のデータソースを組み合わせて、企業がリアルタイムでESGエクスポージャーの分析とスコアを付け、財務、人的資本、評判の指標を理解できるようにするものである。

WTWのESGグローバル製品リーダーであるジョナサン・ウェザリーによると、新しいサービス型ソフトウェア(SaaS)ソリューションの発売は、「ESGリスクを理解するために幅広い品質のデータソースを使用する総合分析プラットフォームに対する顧客からの需要」を受けたものであるとしている。

【参照ページ】
(原文)WTW launches innovative ESG Clarified™ Platform
(日本語参考訳)WTW社、革新的なESGクラリファイド(ESG Clarified™)プラットフォームの提供を開始

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 独CCEP、詰め替えボトリングのインフラに58億円以上を投資

    2023-3-14

    独CCEP、詰め替えボトリングのインフラに58億円超を投資

    2月23日、ドイツのCoca-Cola Europacific Partners (CCEP)&n…
  2. bp、2030年までに全米でEV充電に約1,300億円超の投資計画 HertzのEVレンタル拡大による需要に対応

    2023-3-14

    bp、2030年までに全米でEV充電に約1,300億円超の投資計画

    2月15日、 bpは2030年までに10億ドル(約1,378億円)を米国内のEV充電ポイントに投資…
  3.  

    2023-3-14

    成田国際空港と東京ガス、「株式会社 Green Energy Frontier」を設立・事業開始

    2月20日、成田国際空港(NAA)と東京ガス株式会社(東京ガス)は、成田国際空港にエネルギー供給を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る