Root CapitalとKeurig Dr Pepper、USAIDと共同でコーヒー農家支援イニシアティブを発表

Root CapitalとKeurig Dr Pepper、USAIDと共同でコーヒー農家支援イニシアティブを発表

12月19日、Root CapitalとKeurig Dr Pepperは、米国国際開発庁(USAID)と共同で、コーヒー農家支援を目的とした「Resilient Coffee」を立ち上げることを発表した。

インドネシアのコーヒー農家は、市場の変動、気候変動、ジェンダーの不公平など、多くの危機に同時に直面している。これらの要因やその他の要因は、農村コミュニティや農業企業に重大な課題を突きつけている。本イニシアティブはアチェ、東ジャワ、北スマトラの各地域で14のコーヒー企業を支援し、1万4000人の零細農家が人々と地球のニーズを両立させる持続可能な経済成長を促進する。

本イニシアティブにおける3年間のプロジェクトのもと、企業はRoot Capitalからの融資とトレーニングを通じ、全体的な回復力を構築していく。Keurig Dr Pepperの民間セクターにおけるリーダーシップ、USAIDインドネシアの現地における専門知識、そしてRoot Capitalのコーヒー企業に対する実績ある活動を活用し、本イニシアティブは小規模農家の回復力を以下のように構築していく。

  • 信用枠やビジネス教育の機会を得ることができない企業に対する金融アクセスを拡大
  • 企業と連携してジェンダーを考慮した取り組みを拡大することで、ジェンダー平等を強化
  • コーヒー企業とともに新しいデジタルソリューションを導入し、ビジネス管理と耐障害性を向上
  • 気候変動の緩和、脆弱な生態系の保護、すでに起きている気候変動の影響に適応するための農村地域の支援に焦点を当てた、コーヒー業界における気候変動対策の深化

【参照ページ】
Root Capital and Keurig Dr Pepper Announce the Indonesia Resilient Coffee Initiative with USAID

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る