EWG、E.ONとNikolaの国際H2プロジェクトに協力

EWGはE.ONとNikolaの国際H2プロジェクトに協力

12月9日、E.ONとNikolaは、パートナーや関心のある顧客とともに、水素を動力源とする大型輸送用パッケージの開発に取り組んでいる。エネルギー、インフラ、輸送の専門知識を持つエッセンのエネルギー会社と米国の水素パイオニアは、この産業分野で水素利用の競争力を高め、早ければ2024年に市場に投入することを目標に掲げている。

本パートナーシップは、グリーン水素の供給から、需要に応じた給油所インフラの構築、水素を燃料とする燃料電池トラックの提供まで、統合的なモビリティ・ソリューションを顧客に提供することを目的としている。すでに複数の企業がこのソリューションに関心を寄せており、現在、他の企業も募集している。EWGは、このプロジェクトを積極的に支援し、 E.ONとNikolaを、ビジネス界から関心を持ちうる関係者に引き合わせることに努めている。

ルール地方の特別な革新力は、将来の水素経済の発展において重要な役割を果たす。ヨーロッパのエネルギーの中心地であるエッセンには、水素のエコシステムを構築し、業界を超えたシナジーを生み出し、プロジェクトを可能な限り効率的に開発できるトップ企業や研究機関が集まっている。エッセンにおける水素市場立ち上げのコーディネータであるE.ON、 Nikola、EWGは、ルール都市圏が水素の経済的利用において欧州で市場をリードする役割を果たすと確信している。

この地域には多くの物流企業やフリートオペレーターが存在し、大型輸送の脱炭素化のための良い基盤となっている。グリーン水素の競争力のある供給に加え、需要に応じた給油所インフラの構築、水素を燃料とする燃料電池トラックの提供など、これまでにはない協力体制となる。このパートナーシップは、次世代のクラス8セミトラック技術をドイツで製造し、サービスソリューション(保守・修理)、環境に配慮した持続可能な水素インフラと組み合わせることを意図している。

水素は、総所有コスト(TCO)においてディーゼルと変わらない価格で提供される。大型車では、エネルギー密度が非常に高いグリーン水素を使用することで、いくつかの利点が得られる。燃料電池電気自動車(FCEV)は、従来のディーゼル車と比較して重量を大幅に増やすことなく、バッテリー電気技術よりも長い航続距離を実現できる可能性がある。 Nikolaの車両はウルムで生産され、IVECOは修理・サービスネットワークのドイツのパートナーである。このように、欧州の視点は、しっかりとした国内でのルーツに基づいている。

【参照ページ】
(原文)Hydrogen in heavy-duty transport: EWG supports E.ON and Nikola in international H2 project
(日本語参考訳)大型輸送機における水素。EWGはE.ONとNikolaの国際H2プロジェクトに協力

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る