NZAOA、ネット・ゼロに準拠したベンチマークの開発・普及を呼びかけ

NZAOA、ネット・ゼロに準拠したベンチマークを開発・普及させることを呼びかけ

11月22日、Net-Zero Asset Owner Allianceは、ネット・ゼロに沿ったベンチマークの開発と普及に関するアセットオーナーとインデックスプロバイダーへの行動の呼びかけを発表した。

11兆米ドル(約1,515兆円)の運用資産を持つ80の機関投資家を代表するアライアンスは、EUによる気候変動ベンチマークの奨励的な開発を追認している。同アライアンスは、気候変動インデックスが新たに追加されたことは歓迎するものの、様々なケースやグローバルに分散されたマルチアセットクラスポートフォリオに適用できる気候変動インデックスがまだ不足していると指摘している。

同アライアンスはベンチマークが脱炭素目標を投資プロセスに組み込むための重要なツールであると述べ、指数プロバイダーがネット・ゼロ・アラインド・ベンチマークを開発し、資産家がベンチマークを適用することを求めている。

ネット・ゼロ・ベンチマークとインデックス・ユニバースの構築のためのベスト・プラクティスに関する議論の基礎と文脈を提供するために、アライアンスは10の主要原則を設定している。10の原則は、特に、高排出セクターの機械的排除の回避、主要なインプットとして将来を見据えた指標を含むこと、公正な移行のための指標を取り入れることをカバーしている。

同原則を活用することで、インデックスプロバイダーは、ネット・ゼロ投資家の戦略的資産配分を支援する重要なツールを開発し、その目標を資産運用会社に伝えることができる。

【参照ページ】
(原文)Net-Zero Asset Owner Alliance Calls for Development and Uptake of Net-Zero Aligned Benchmarks
(日本語訳)NZAOA、ネットゼロに準拠したベンチマークを開発・普及させることを呼びかけ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る