NZAOA、民間市場の資産運用者に対し、脱炭素に向けた行動を要請

 

11月24日、Net-Zero Asset Owner Allianceは、民間資産の脱炭素化がメンバーのネット・ゼロ・コミットメントの履行に不可欠であると述べ、民間市場の資産運用者に向けた行動要請を発表し、気候リスクに対処するための推奨事項を概説した。

今回の行動喚起は、すべての資産運用会社(特に気候変動リスクへの対応が十分でない会社)に対して、気候変動に対する野心のレベルを引き上げるよう促すことを意図している。

同アライアンスは、すべてのプライベート・アセット・マネージャーに対する要請を設定する一方で、各アセットクラスに対してより具体的なアクションを提供している。これらは、資産運用会社のガバナンス体制やポートフォリオの温室効果ガス排出量に関する情報開示から、気候変動に関する分類に沿った投資を模索することによる移行への資金調達までをカバーしている。

【参照ページ】
(原文)Net-Zero Asset Owner Alliance outlines requests for asset managers in private markets
(日本語訳)NZAOA、民間市場の資産運用者に対し、脱炭素に向けた行動要請を発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る