カリフォルニア州、連邦政府との共同出資による水素ハブ設立に向け、全州的なアライアンスを立ち上げ

カリフォルニア州、連邦政府との共同出資による水素ハブの設立に向けた全州的なアライアンスを立ち上げ

10月6日、カリフォルニア州知事のビジネス・経済開発局(GO-Biz)、カリフォルニア大学学長室(UCOP)、労働省、Renewables 100、および州や地域の関係者は、再生可能クリーン水素エネルギーシステム同盟(ARCHES)の結成を正式に発表した。

本アライアンスは、カリフォルニア州に連邦政府が共同出資する再生可能エネルギー水素ハブを設立し、カリフォルニア州およびそれ以外の地域で経済的に持続可能で、拡大する再生可能エネルギー水素市場を創出するという、相互に補完し合う2つの目的を持つ柔軟な組織として設計されている。ARCHESは、代表的な理事会と、環境正義、組織労働者、都市、公共部門プロジェクトなどの主要諮問委員会によって運営され、産業界代表とともに、理事会に議席を持つことになる。

本アライアンスの最初の仕事は、超党派インフラ法(BIL)を通じて米国エネルギー省(DOE)から連邦政府の水素ハブ資金を得るために、カリフォルニア州単独の申請書を提出することである。80億ドル(約1.1兆円)の資金は、全国で6〜10カ所のハブに提供され、最大で12億5000万ドル(約1,800億円)が支給される予定である。これらの資金は、カリフォルニア州知事と立法府のリーダーが協力して達成した、5年間で539億ドル(約7.9兆円)の気候変動対策パッケージなど、カリフォルニア州の国をリードする気候変動対策へのコミットメントの要となるものである。これには、再生可能エネルギー資源から水素を製造、加工、供給、貯蔵、使用する水素プロジェクトの実証とスケールアップを推進するために、2022年度予算で割り当てられた1億ドル(約146億円)が含まれる。これらのプロジェクトは、州内の地理的に多様な地域におけるセクター全体の排出量削減に貢献し、大気の質、公平性、健康、労働力の利益を優先させるものである。

本プロジェクトの成功は、水素がさまざまな分野の電化を促進し、重工業など電化が困難な複数の分野にゼロ・エミッション・ソリューションを導入する機会をもたらすことを意味する。また、アーチェスシステムが信頼性を高め、民間資本の飛躍的な成長を可能にすることを意味する。そして、特に最も苦しんでいる人々にとって、きれいな空気と、環境に優しい雇用の創出、州全体の経済成長を意味する。

本パートナーシップは、カリフォルニア大学(UC)システム全体とUCが監督する3つの国立研究所の世界的に認められた知的資本、カリフォルニア州、主要都市、組織労働者、産業界、NGOとのパートナーシップ、強力な州政策の基盤、そして私たち全員が奉仕するコミュニティとの共同に依存するものである。

【参照ページ】
(原文)California Launches Statewide Alliance to Establish Federally Co-Funded Hydrogen Hub

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る