Union Pacific、脱炭素化投資資金として約850億円のグリーンボンドを発行

Union Pacificが脱炭素化投資資金として約850億円のグリーンボンドを発行

9月12日、鉄道会社のUnion Pacificは、6億ドル(約850億円)のグリーンボンドの発行を完了し、脱炭素化および排出削減のための投資資金に充当することを発表した。

本グリーンボンド発行は、Union Pacificが昨年末に発表した、2050年までに温室効果ガスの排出を完全にゼロにするというコミットメントと、温室効果ガス排出削減目標達成のための取り組みや行動を詳細に記した気候行動計画の発表に続くものだ。また、Scope 1と2の温室効果ガス排出量の絶対量と、機関車の運行によるScope 3の温室効果ガス排出量を2030年までに26%削減するという、Science Based Targets initiative(SBTi)により承認された目標も掲げている。

この行動計画では、より効率的な機関車やエネルギー管理技術への投資による業務効率の向上、環境に優しい陸上輸送ソリューションとしての鉄道の推進、サプライチェーンにおける新たな循環型社会の構築などが盛り込まれている。

Union Pacificは最近、グリーン・ファイナンスの枠組みを発表し、グリーンボンドの発行による投資の対象カテゴリーを概説した。資金使途としては、新車両・車両・設備への投資や既存車両のアップグレード、循環型経済への投資、エネルギー消費量の削減や省エネをサポートするソリューションや設備、再生可能エネルギーへの投資や電力購入契約、持続可能な水・廃水管理への投資、自然生態系の保護・回復・増加を目的とした自然共生型ソリューションへの支出などが考えられる。

なお、同枠組みによると、グリーンボンドで調達した資金は、化石燃料の輸送に特化したインフラや鉄道の車両に使用することはできない。

【参照ページ】
(原文)Union Pacific Issues $600 Million in Green Bonds to Fund Investments Aimed at Reducing Carbon Footprint
(日本語訳)ユニオン・パシフィックが6億ドルのグリーンボンドを発行し、カーボンフットプリント削減に向けた投資に充当

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る