デンマークとドイツ、「Bornholm Energy Island」を共同建設へ

8月29日、ドイツとデンマークは、300万世帯以上の電力を供給できる洋上風力発電プロジェクト「Bornholm Energy Island」について、それぞれの国への接続許可を得て、プロジェクトを推進する計画を発表した。

デンマークの気候・エネルギー・公益事業省のプレスリリースによると、気候変動やエネルギー安全保障などを考慮し、プロジェクトの範囲も50%拡大され、3GWの容量となった。また、プレスリリースでは、温室効果ガスの削減と、欧州をロシアのガスや石油から独立させることを目的に、さらなる国際協力を呼びかけている。

バルト海に位置する「Bornholm Energy Island」は、デンマークとドイツの共同プロジェクトで、2030年の稼働を予定しており、現在デンマークが開発中の2つの洋上風力「Energy Island」のひとつである(もうひとつは北海に位置する)。ドイツとは470kmの海底ケーブルで結ばれ、2030年からドイツ国内のCO2排出量を年間350万トン削減することが期待されているプロジェクトである。

本プロジェクトは、ドイツ、オランダ、ベルギー、デンマークが最近締結した、北海に焦点を当てた洋上風力発電に関する協定に続くもので、2030年までに65GW、2050年までに150GWの洋上風力の合計目標を達成し、1350億ユーロ(約19兆円)の共同投資により、EU気候ニュートラル達成に必要な容量の半分以上を提供する計画となっている。

【参照ページ】
(参照記事)Denmark and Germany to Build Bornholm Energy Island Together
(日本語訳)ドイツとデンマーク、気候変動とエネルギー自給の目標達成のため洋上風力発電の「島」を建設

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る