ディアジオ、ギネスビールの脱炭素化に1億ユーロを投資

5月16日、世界的なビール会社ディアジオは、ダブリンにあるギネス醸造所セント・ジェームス・ゲートの脱炭素化に向け、1億ユーロ(1億900万米ドル)以上を投資すると発表した。築264年の醸造所を 2030年までに効率的なビール醸造所とすることを目指す。

ディアジオによると、今回の投資は、同社の10年間の持続可能性プログラムである「ソサエティ2030:スピリット・オブ・プログレス」に基づいて定めた目標に一致するとしている。この計画は2020年に策定されたもので、再生可能エネルギーを100%利用すること、直接事業全体で炭素排出実質ゼロを達成すること、サプライヤーと協力して間接的なエネルギー削減に取り組むことなどの目標が含まれている。

具体的には、 2030年までに炭素排出量の 50%削減、水の使用量の 30%削減、水ストレスの主要な流域や地域社会でのプラスの水効果を達成することなどがある。

今回の投資により、セント・ジェームス・ゲート醸造所は、2030年までに新しい水回収施設内で発生されるバイオガスと系統電力供給型のヒートパンプを組み合わせた「再生可能エネルギー戦略」を導入する予定。加えて、水の利用効率を改善し、水使用量は 30%削減される見込みだ。

これにより、ディアジオは、醸造業務における化石燃料の使用を段階的に廃止し、スコープ1および2の温室効果ガス排出量を90%以上削減することを目指していると述べた。

【参照ページ】
(原文)Home of Guinness to accelerate to net zero carbon goal with planned €100 million investment by Diageo at St. James’s Gate

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る