NNインベストメントパートナーズ、インパクト・ボンドの拡大を発表

7月18日、オランダに拠点を置く資産運用会社NN Investment Partners (NN IP)は、NN (L) ソーシャルボンド・ファンドを立ち上げ、同社のインパクトボンドを拡大すると発表した。NN IPは、特定のターゲット層への社会的利益が明確な社会的プロジェクトに収益を配分するソーシャルボンドおよびサステナビリティボンドへの投資に焦点を当てたファンドを提供する。

ソーシャルボンドは、投資家のサステナブル投資目標が環境重視から社会的インパクト重視に拡大する中、サステナブルファイナンス市場の中で最も急速に成長している分野の一つだ。ソーシャルボンドは、貧困削減、飢餓、男女格差、質の高い教育や労働の促進など、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の10項目に貢献するプロジェクトとして注目されている。

新ファンドは、主に質の高いグローバル・ソーシャルボンドとマネーマーケット商品に投資するが、収益の半分以上を社会事業に充当するサステナビリティボンドも投資対象に含めることができる。本ファンドは、水と衛生設備を含む手頃な価格の基本インフラ、教育や保健における必須サービスへのアクセス、手頃な価格の住宅、雇用、食糧安全保障、社会経済的向上と能力強化を支援する投資に重点を置いている。

NN IPによると、この新商品は、NN IPの既存のインパクトボンドファンドを補完するもので、NN IPの主力商品であるグリーンボンド戦略と同様の規律ある投資プロセスを適用している。

【参照ページ】
(原文)NN Investment Partners adds social bond fund to impact bond offering

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る