Schlumberger、エネルギー企業のメタンガス排出削減を支援する新規事業を立ち上げ

Schlumberger、エネルギー企業のメタンガス排出削減を支援する専用事業を立ち上げ

3月8日、エネルギーサービス企業のSchlumbergerは、エネルギー企業が事業から排出するメタンや日常的なフレアの除去を支援するさまざまなソリューションを提供する新事業、Schlumberger End-to-end Emissions Solutions(SEES)の立ち上げを発表した。

メタン排出の迅速な削減は、地球温暖化を1.5℃に抑えるという地球規模の気候目標の達成に貢献するための最も効果的な短期的行動の一つと考えられている。メタンは、CO2の約80倍もの温室効果ガスである。しかし、大気中での寿命がCO2の50-100年に対して10-12年と非常に短いため、メタンの排出を短期的に削減すれば、今後数年間で気候に大きな影響を与えることができる。

11月に開催されたCOP26では、世界経済の70%を占める100カ国以上が「グローバル・メタン・プレッジ」を立ち上げ、2030年までに世界のメタン排出量を2020年比で少なくとも30%削減すると約束した。

Schlumbergerによると、メタンとフレアの排出は、産業界からの直接のスコープ1および2の温室効果ガス排出の60%以上を占めている。

SEESは、メタンと日常的なフレア排出を測定・監視・報告・除去するソリューションを提供し、事業者が排出除去戦略を計画・追跡・行動することを可能にする。Schlumbergerはこの新しいプラットフォームを通じて、測定および削減ソリューションをスクリーニングし、あらゆる事業者の資産に最も費用対効果の高い技術構成を見つけ出す。また複数のメタン測定技術の評価後に事業者にさまざまなソリューションへのアクセスを提供し、企業が特定した排出を削減するための改善策の策定を支援する予定だ。

【参照ページ】
(原文)Schlumberger Launches Dedicated Business to Eliminate Oil and Gas Industry’s Methane and Routine Flare Emissions
(日本語訳)Schlumberger、エネルギー企業のメタンガス排出削減を支援する専用事業を立ち上げ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る