マラソン・ペトロリアム、スコープ3の排出量削減目標を発表。気候変動の目標を拡大

マラソン・ペトロリアム、スコープ3の排出量削減目標を発表。気候変動の目標を拡大

2月14日、エネルギー企業のマラソン・ペトロリアムは、気候変動目標を拡大し、同社製品の使用に伴うスコープ3の排出(同社が直接管理できない排出)を含めることを発表した。

スコープ3の排出量は、石油・ガス会社が気候変動に与える影響の大部分を占めている。マラソン社は、昨年の年次報告書「気候関連シナリオの展望」で初めてスコープ3の排出量を報告し、2020年のスコープ3「販売製品の使用」の排出量が3億5,200万トンであるのに対し、スコープ1と2を合わせたCO2eは3,100万トンであることを明らかにした。

マラソン社の現在の排出量目標には、2014年を基準にスコープ1と2の排出強度の2030年までの30%削減という目標が含まれている。今回の目標では、同社の製油所で製造する製品について、スコープ3(販売製品の使用)の温室効果ガス(GHG)の絶対量を2030年までに2019年比で15%削減を追加した。

加えて、マラソンが設立した多角的リミテッド・パートナーシップであるMPLXは、天然ガスの収集・処理事業から排出されるメタンガスの強度を2016年比で75%削減するという新たな2030年目標を発表した。MPLXは、中流域のエネルギーインフラおよび物流資産を所有・運営し、燃料の流通サービスを提供している。

【参照ページ】
(原文)Marathon Petroleum Corp. Establishes 2030 Target to Reduce Absolute Scope 3 Greenhouse Gas Emissions
(日本語訳)マラソン・ペトロリアム、スコープ3の排出量削減目標を発表。気候変動の目標を拡大

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る