バイデン政権、全米のEV充電ネットワーク構築に約5,800億円を拠出

バイデン政権、全米のEV充電ネットワーク構築に約5,800億円を拠出

2月、バイデン政権はEVへの移行を促進するための一連の取り組みを発表した。その一つとして、州間高速道路システム全体のEV充電ネットワークの整備に、5年間で50億ドル(約5,800億円)を拠出する。

この新しい資金は超党派インフラ法の国家電気自動車インフラ(NEVI)フォーミュラプログラムに基づいて提供する。バイデン政権は、2030年までに米国の新車販売台数の半分をゼロエミッション車にするという大統領令を発布するなど、クリーンモビリティの推進に注力している。このインフラ法では、電気自動車用充電器のネットワーク整備に75億ドルを割り当て、2030年までに全国で50万台のEV用充電器の設置を目標としている。

本充電ネットワークプログラムは、2015年に開始された運輸省の「代替燃料コリドー」構想に基づくもので、EV・水素自動車・プロパンガス・天然ガス自動車をサポートするインフラを備えた高速道路区間を各州が指定する。各州は新しい資金を利用するためにEVのインフラ整備計画を提出する必要があり、エネルギー省(DOE)は各州の計画策定を支援するために技術支援を直接行う。この計画の一部はバイデン政権が推進している「Justice40(ジャスティス40)」と呼ばれる取り組みに基づいており、クリーンエネルギーへの投資利益の40%を、気候変動の影響を受けているコミュニティなどに配分する。

DOEはまた、EVやエネルギー貯蔵のニーズの高まりに対応するため、先進的なバッテリーのサプライチェーンを強化するために約30億ドルを投資する計画を発表した。DOEのプログラムは、電池材料の精製・生産工場、電池セルやパックの製造施設、リサイクル施設への資金提供を目的としている。

【参照ページ】
(参考記事)White House rolls out $5 billion funding plan to states for electric vehicle chargers
(日本語訳)バイデン米大統領、全米のEV充電ネットワーク構築に約5,800億円を拠出

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る