お役立ち資料の無料ダウンロード 

【資料一覧】

1サステナビリティ開示規制最新動向解説(ISSB/CSRDの基準統合) 2023年9月発行
2⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集(ESGデータによる非財務情報の評価) 2023年12月発行

サステナビリティ開示規制最新動向解説(ISSB/CSRDの基準統合)

2023年9月発行

サスティナビリティ(非財務情報)に関する情報開示が主流化していますが、これまで「国際的に共通」した定義や概念はありませんでした。しかし、2024年からはISSBやCSRDなど欧州において開示の基準統一の動きが始まります。

2024年まで、各企業は様々な外部機関や評価機関の基準を参照しながら、情報開示をしていました。しかし、以降は基準統一や制度化の動向が進みます。新しい基準へ対応しておくためにも、制度の考え方を理解しておくとよいでしょう。

自社の開示基準への理解の浸透を進めてみてはいかがでしょうか。

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集(ESGデータによる非財務情報の評価)

2023年12月発行

非財務情報の開示はESG投資の関心の高まりを受け企業の持続可能性を説明するためのひとつとしても重要視されています。

有価証券報告書にて開示が義務付けられたように非財務情報(ESG情報)の開示は、ますます注目度が高まってきました。一方、非財務情報が企業価値向上との関連を定量的に説明するのは難しいとう課題があります。しかし、最近では「柳モデル」に代表されるように、非財務情報の数値化が試みられつつあります。

自社の非財務情報開示の定量分析にお役立てください。

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. 2024-2-20

    TCFD解散による影響は?ISSB基準(IFRS)での「気候変動」にかかわる開示はどう変わる?

    2023年TCFDは、想定していた役割を終了したとして解散し、企業の気候変動に関わる情報開示への監…
  2. 2024-1-23

    ESGトレンド予測2024

    2024年、注目すべきESGテーマとは? 本コラムは「シェルパ・アンド・カンパニー、Chie…
  3. 2024-1-17

    人的資本経営とは?事例から学ぶ実践のポイントを改めてチェック

    人的資本経営では、「人材」はただのコストではなく、企業のサステナビリティに欠かせない資産のひとつと…
  4. 2024-1-10

    生物多様性クレジットとは。オフセットやバンキング制度の詳細と普及の可能性を予測。

    脱炭素社会の実現としてカーボンクレジットが注目されているが、生物多様性の保全に関しても「クレジット…
  5. 2023-12-27

    TNFDの日本企業2社の取り組み・開示事例を紹介!

    2021年に発足したTNFD(自然関連財務情報開示タスクフォース)は、2023年9月からガイドライ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る