日本企業28社、J-CEPを発足。サーキュラー・エコノミーを推進

 

日本企業の28社は11月1日、サーキュラーエコノミーの推進に取り組む産官学民連携の新事業共創パートナーシップである「ジャパン・サーキュラー・エコノミー・パートナーシップ(J-CEP)」を発足したと発表した。

主な内容は、サーキュラーエコノミーに関する活動が3つで、社会実装創出事業、調査研究及び情報提供に関する事業、講演会や研修会や情報交換会等の実施を行うという。

11月1日時点の参加企業は以下28社。

  • アミタホールディングス(株)
  • (株)イージーエス、エステー(株)
  • NECソリューションイノベータ(株)
  • NTTコミュニケーションズ(株)
  • ENEOSホールディングス(株)
  • 花王(株)
  • クラシエホールディングス(株)
  • 光和精鉱(株) 、サンスター(株)
  • (株)三友環境総合研究所
  • シャボン玉石けん(株)
  • 積水化学工業(株)
  • NISSHA(株)
  • ネスレ日本(株)
  • ハリタ金属(株)
  • (株)パンテック
  • 富士通(株)
  • 芙蓉総合リース(株)
  • (株)ポーラ・オルビスホールディングス
  • 丸紅(株)
  • 丸紅フォレストリンクス(株)
  • 三井化学(株)
  • 三菱ケミカル(株)
  • 三菱商事プラスチック(株)
  • ユニ・チャーム(株)
  • ユニリーバ・ジャパン
  • ライオン(株)

【参照ページ】企業28社が加盟する新事業共創パートナーシップ「ジャパン・サーキュラー・エコノミー・パートナーシップ」を10/20に旗揚げ。11/4より兵庫県神戸市で実施するプラスチック資源に特化した回収ステーションでの取り組みに参画

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る