伊藤忠商事、タイで分散型電源事業を展開する合弁会社を設立

伊藤忠商事、タイで分散型電源事業を展開する合弁会社を設立

8月23日、伊藤忠商事は、シンガポールBerkeley Energy C&I Solutions(以下「BECIS」)と共同で、タイにおける分散型電源事業を展開する合弁会社を設立したと発表した。

今後、合弁会社を通じて、伊藤忠商事が持つネットワークを活用し、BECISと共に、タイにおける需要家にむけて屋根置き太陽光発電設備をはじめとした、再生可能エネルギーソリューションの提案を加速していく想定だ。

タイはASEANで最も早く民間企業同士の売電契約が解禁されており、気象条件も良く、また政府の再生可能エネルギー導入に対する意欲も高い事から、遊休スペースを活用する屋根置き太陽光発電設備の設置・普及が最も進んでいる。

BECISは、これまでタイにおいて、工場や商業施設の屋根に太陽光発電設備を、初期投資費用ゼロで設置し、需要家に再生可能エネルギー由来の電力を提供する事業を行っており、累計約70MWの実績がある。

【参照ページ】Berkeley Energy C&I Solutionsとのタイにおける分散型電源事業を展開する合弁会社の設立について

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    2022-12-1

    オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    11月30日、オーストラリア健全性規制庁(APRA)が発表した新しい調査によると、オーストラリアの…
  2. カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    2022-12-1

    カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    11月29日、炭素市場に特化した商品とソリューションのプラットフォームであるRubicon Car…
  3. スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    2022-12-1

    スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    11月22日、スウェーデン銀行は、貸付ポートフォリオに関する新たな脱炭素化目標を発表し、2030年…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る