フェア・ファイナンス・ガイド・ジャパン、銀行のESG格付け発表

12月14日、日本の環境NGO4団体からなるFair Finance Guide Japanは、2023年版の銀行格付けスコアを公表した。今回、みずほが資産運用におけるESG方針を大きく改善したことで総合点で4.1点となり、前回首位だった農林中金(今回のスコアは3.8点)を上回り首位になった。同じ基準で格付けをする欧州の金融機関は5か国平均で6.5点となっており、依然大幅な遅れをとっている。

Fair Finance Guideでは、大手金融機関の投融資方針の社会性をスコアリングし、その結果を分かりやすく市民に提供することを通じて、金融機関のESGの取り組みに良い競争をもたらすことを目指す。2009年にオランダのNGOが開始し、2014年から日本も参加。現在では、15か国でスコアリングを発表している。

今回トップとなったみずほでは、グループ傘下の運用会社であるアセットマネジメントOneが議決権行使ガイドラインを強化し、OECD多国籍企業指針等の国際規範を判断基準に導入したことなどにより大きくスコアを伸ばした。三菱UFJも、税務ポリシーの改訂等でスコアを伸ばし、順位が5位から3位に上昇した。他方、ゆうちょ銀行は2015年の評価開始以降、9回連続で最下位だった。

2050年までに投融資ポートフォリオの排出量ネット・ゼロを目指す動きも着々と進む。三菱UFJ、みずほ、三井住友、農林中金は、2030年中期目標を新たに掲げた。また、りそな以外の6金融機関は新規の石炭採掘事業の融資停止方針を示している。

森林セクターやパーム油セクターへの支援の際に配慮を求める動きも進みつつある。三菱UFJ、みずほ、三井住友、三井住友トラスト、農林中金は、森林セクターに対してFSC認証等の取得を求めており、パーム油セクターに対してRSPO認証の取得を求めている。上記5機関のうち、農林中金以外の4社は「森林破壊ゼロ、泥炭地開発ゼロ、搾取ゼロ」(NDPE: No Deforestation, No Peat and No Exploitation)を遵守することも新たに求め始めた。一方、大量のGHG排出をもたらし、北米や東南アジアにおける生態系破壊が問題視されている輸入バイオマス発電事業については何ら方針が示されていないことから、各金融機関は、輸入バイオマス発電事業の支援停止方針を早急に策定する必要がある。

【参照ページ】
2023年版スコア公開:みずほが農林中金を上回り首位に

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る