Tokamak Energyと古河電工、核融合エネルギーの実用化に向けた協定を締結

1月12日、Tokamak Energyは、古河電気工業株式会社および古河電工グループのSuperPowerと、 Tokamakの新しい先端試作核融合装置ST80-HTS向けに数百キロメートルの高温超電導(HTS)専門テープを供給する契約を締結したことを発表した。

Tokamak Energyによると本プロジェクトは、ST80-HTSはHTSマグネットを大規模に使用した世界初の高磁場球形トカマクとなる予定である。Tokamak Energyは、2030年代初頭に最大200MWの純電力を生成し、グリッドに電力を供給する能力を実証する核融合パイロットプラントへの道のりで、これは重要な段階であると述べている。

HTS電磁石は、球形トカマク装置の低コスト化、商業運転、世界展開を実現するために不可欠なものであると同社は指摘している。本磁石は、1億度以上の高温に達する燃料を閉じ込めるために不可欠なものである。

ST80-HTS用テープの生産はニューヨークのSuperPowerの施設で開始され、最初のバッチは英国オックスフォード近郊に拠点を置く Tokamak Energy に納入された。両社は現在、 Tokamak EnergyのST-E1パイロットプラントおよび将来の商業用核融合発電所の要件を満たすためのスケールアップ計画も評価している。

【参照ページ】
Tokamak Energyと古河電工、核融合エネルギーの実用化に向けた協定を締結

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る