Tokamak Energyと古河電工、核融合エネルギーの実用化に向けた協定を締結

1月12日、Tokamak Energyは、古河電気工業株式会社および古河電工グループのSuperPowerと、 Tokamakの新しい先端試作核融合装置ST80-HTS向けに数百キロメートルの高温超電導(HTS)専門テープを供給する契約を締結したことを発表した。

Tokamak Energyによると本プロジェクトは、ST80-HTSはHTSマグネットを大規模に使用した世界初の高磁場球形トカマクとなる予定である。Tokamak Energyは、2030年代初頭に最大200MWの純電力を生成し、グリッドに電力を供給する能力を実証する核融合パイロットプラントへの道のりで、これは重要な段階であると述べている。

HTS電磁石は、球形トカマク装置の低コスト化、商業運転、世界展開を実現するために不可欠なものであると同社は指摘している。本磁石は、1億度以上の高温に達する燃料を閉じ込めるために不可欠なものである。

ST80-HTS用テープの生産はニューヨークのSuperPowerの施設で開始され、最初のバッチは英国オックスフォード近郊に拠点を置く Tokamak Energy に納入された。両社は現在、 Tokamak EnergyのST-E1パイロットプラントおよび将来の商業用核融合発電所の要件を満たすためのスケールアップ計画も評価している。

【参照ページ】
Tokamak Energyと古河電工、核融合エネルギーの実用化に向けた協定を締結

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る