伊藤忠商事、家庭用蓄電池によるデマンドレスポンス実証を開始

伊藤忠商事、家庭用蓄電池によるデマンドレスポンス実証を開始

1月6日、伊藤忠商事は、子会社であるグリッドシェアジャパンを通じて、小売電気事業者と提携して株式会社NFブロッサムテクノロジーズが製造販売する家庭用蓄電池を遠隔で制御する実証を順次開始することを発表した。本取組を通じて、冬季に予想される電力需給逼迫の回避、及び小売電気事業者の電力調達コストの低減等、再生可能エネルギー大量導入時代における電力需給の最適化を目指す。

2022年度冬季の日本における電力需給状況は、ウクライナ情勢による燃料の高騰・調達難や、新型コロナウイルスによる生活様式変容による在宅率増加に伴う電力需要増等が重なり、供給不足が懸念されており、幅広い分野において、無理のない節電や省エネ対策が求められている。

また、脱炭素化社会の流れの中で導入が加速する再生可能エネルギーは、発電量が天候等によって変動するため、蓄電池等による調整力が必要とされている。高度に制御が可能な蓄電池による調整力を活用することで、再生可能エネルギーの更なる普及に寄与すると見込まれている。

同社は、これまでに販売をした約5.5万台の家庭用蓄電池の内、AIを活用して電力の最適制御を行うグリッドシェアジャパンのネットワークに接続されている約3.5万台の蓄電池を活用し、小売電気事業者との連携を通じて、電力需給逼迫の回避、調整力の確保を目指す。

グリッドシェアジャパンの提供する蓄電池AIサービスを利用している顧客を対象に、蓄電池を使った電力の需給バランスを調整する実証を行う。具体的には、電力需給が逼迫し、市場での電力調達コストが高騰しやすい時間帯に、提携する小売電気事業者の要求に応じてグリッドシェアが遠隔で蓄電池を充放電することで、事業者の電力の使用を抑制し、電力の需給バランス調整する。本実証の参加者には、その対価が支払われる。

伊藤忠商事は、幅広く蓄電池ビジネスを展開しており、社会課題解決に具体的なアプローチを行っている。本取組を通じて、今後一層日本の電力産業に対するソリューション構築ならびに脱炭素社会における分散型エネルギーの実現に向けて貢献していくという。

【参照ページ】
家庭用蓄電池によるデマンドレスポンス実証を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る