旭化成ヨーロッパ、ISCC PLUS認証に関する共同プロジェクトに参加

10月11日、旭化成の欧州統括拠点である旭化成ヨーロッパは、オランダのCircularise B.V.および丸紅株式会社が主催する、持続可能な製品の国際的な認証制度の一つであるISCC PLUS認証に関する共同プロジェクトに参加した。

ISCC PLUS認証は、世界的な認証制度の一つであり、バイオマス原料やリサイクル材などの原材料から最終製品までのサプライチェーンをマスバランス管理で繋ぎ、最終製品におけるサステナビリティ特性を消費者まで保証するもの。

旭化成グループは「Care for Earth」の観点から「カーボンニュートラルでサステナブルな世界の実現」を目指して、バイオマス原料やリサイクル材、再生可能エネルギーの使用などの取り組みに注力している。今後、製品におけるサステナビリティ特性の獲得が重視され、認証に関する信頼性や認証取得時の効率性も一段と必要とされるようになる中で、その実現に貢献するとともに、認証に関する知見を深めるため、同社は本プロジェクトに参加した。

本プロジェクトには、Circularise B.Vの他、同社を含む化学メーカー、商社、家電メーカーなど10社が参加した。本プロジェクトでは、ISCC PLUS認証のマスバランス管理をCircularise B.V.のシステム上で運営し、10社がサプライチェーンの流れに従ってデータを投入することで、サステナビリティやトレーサビリティの信頼性を消費者に伝えるまでの有効性について、テストを行った。

本プロジェクトの参加者は、ISCC PLUS認証を受けるために必要なデータや持続可能性に関するデータを、Circularise B.V.のブロックチェーンシステムを用いて共有した。その結果、システムを利用することによる効率性に加え、データがサプライチェーンの上流から下流に伝達される上での秘密保持性、マスバランス管理の適切性、データの書き換えができないことによる信頼性などが、ブロックチェーン技術により担保されることを確認した。

旭化成グループは、本プロジェクトでの成果を踏まえ、他社との協働を深化させながら、『中期経営計画 2024 ~Be a Trailblazer~』にもとづき、サステナビリティ特性を有する製品・サービスの提供をより進めていくと述べている。

【参照ページ】
旭化成ヨーロッパがISCC PLUS認証に関する共同プロジェクトへ参加 | 2022年度

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る