東武トップツアーズ、OZCaFと包括連携協定を締結

東武トップツアーズ、OZCaFと包括連携協定を締結

10月6日、東武トップツアーズ株式会社は、理事企業として参画している一般社団法人OSAKAゼロカーボンファウンデーション(OZCaF)との間で包括連携協定を締結したと発表した。

OZCaFは、大阪府内において、大阪府、府内自治体及び参加企業が連携して、SDGs及び脱炭素に貢献する広範な活動を行うことにより、環境と調和した持続可能な経済社会の実現に寄与することを目的に設立された。

今回の協定締結は2025年に大阪で開催予定の大阪・関西万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」が目指すSDGsの具現化、そして2030年のSDGs達成に向け、特に脱炭素社会実現に向け、官民連携で取り組みを行っていくにあたり、脱炭素のさらなる推進と、会員である400超の参加企業間の連携を深めることで、両社は合意に至った。

両社は、脱炭素化社会実現に向け先進的な取り組みを大阪から発信し、先導的な役割を果たすことを目指し取り組みを行っていくという。

【参照ページ】
一般社団法人 OSAKA ゼロカーボンファウンデーションとの包括連携協定を締結

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る